紹介

Kong Gatewayのプラグインを利用すれば、カナリアリリースが簡単に設定することができます。しかもカナリアリリースのモードは単なるパーセンテージではなく、徐々に利用拡大や、Writelist&blacklistの設定もできます。

この記事では、カナリアリリースのやり方についてメモします。

https://docs.konghq.com/hub/kong-inc/canary/

ServiceとRouteの作成

デモの例として、現在のバージョンをhttp://httpbin.org/xmlに、新規リリースのバージョンをhttp://httpbin.org/jsonにします。なので、現在のバージョンの場合は、xmlのレスポンス、新規リリースのバージョンの場合は、jsonのレスポンスが帰ってくるはず。

1
2
3
4
5
6
7
❯ http POST localhost:8001/services \
name=canary-api-service \
url=http://httpbin.org/xml

❯ http -f POST localhost:8001/services/canary-api-service/routes \
name=canary-api-route \
paths=/api/canary

動作確認、xmlのレスポンスが帰ってきた。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
❯ http GET localhost:8000/api/canary
HTTP/1.1 200 OK
Access-Control-Allow-Credentials: true
Access-Control-Allow-Origin: *
Connection: keep-alive
Content-Length: 522
Content-Type: application/xml
Date: Wed, 25 May 2022 05:28:07 GMT
Server: gunicorn/19.9.0
Via: kong/2.8.1.0-enterprise-edition
X-Kong-Proxy-Latency: 0
X-Kong-Upstream-Latency: 295

<?xml version='1.0' encoding='us-ascii'?>

<!--  A SAMPLE set of slides  -->

<slideshow
    title="Sample Slide Show"
    date="Date of publication"
    author="Yours Truly"
    >

    <!-- TITLE SLIDE -->
    <slide type="all">
      <title>Wake up to WonderWidgets!</title>
    </slide>

    <!-- OVERVIEW -->
    <slide type="all">
        <title>Overview</title>
        <item>Why <em>WonderWidgets</em> are great</item>
        <item/>
        <item>Who <em>buys</em> WonderWidgets</item>
    </slide>

</slideshow>

カナリアリリースモード

一定期間(Set a Period)

翻訳が合っているかどうかが分からないが、リリースの開始時刻と移行期間を決めるモードです。リリース期間の初期段階はほとんど現バージョンで、そして徐々に新バージョンの出現確率が高くなり、最終的に新バージョンのみになるモードです。

以下のコマンドの設定から、リリースの開始が10秒後、移行期間が120秒となります。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
current_time=`expr $(date "+%s") + 10` && http -f POST http://localhost:8001/routes/canary-api-route/plugins \
name=canary \
config.start=$current_time \
config.duration=120 \
config.upstream_host=httpbin.org \
config.upstream_port=80 \
config.upstream_uri=/json \
config.hash=none

この設定で以下のコマンドを実行すると、最初はxmlのレスポンスになるが、徐々にJsonの方が増えていて、最終的に全部Jsonのレスポンスになります。

1
2
3
4
5
for num in {1..70}; do
 echo "Calling API #$num"
 http http://localhost:8000/api/canary
 sleep 0.5
done
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
❯ http GET localhost:8000/api/canary
HTTP/1.1 200 OK
Access-Control-Allow-Credentials: true
Access-Control-Allow-Origin: *
Connection: keep-alive
Content-Length: 429
Content-Type: application/json
Date: Wed, 25 May 2022 07:27:08 GMT
Server: gunicorn/19.9.0
Via: kong/2.8.1.0-enterprise-edition
X-Kong-Proxy-Latency: 4
X-Kong-Upstream-Latency: 284

{
    "slideshow": {
        "author": "Yours Truly",
        "date": "date of publication",
        "slides": [
            {
                "title": "Wake up to WonderWidgets!",
                "type": "all"
            },
            {
                "items": [
                    "Why <em>WonderWidgets</em> are great",
                    "Who <em>buys</em> WonderWidgets"
                ],
                "title": "Overview",
                "type": "all"
            }
        ],
        "title": "Sample Slide Show"
    }
}

これで動作確認が終わったので、次のリリース方式をテストするために、カナリアリリースプラグインを削除する

1
plugin_id=$(http -f http://localhost:8001/routes/canary-api-route/plugins | jq -r '.data[].id') &&  http DELETE http://localhost:8001/plugins/$plugin_id

一定割合(Set a Percentage)

トラフィックが現バージョンと新バージョンにアクセスする確率を一定にするモードです。設定した割合はパーセンテージであり、新バージョンにアクセスする割合となります。

以下のコマンドの設定、config.percentageから、現バージョンと新バージョンの割合が5割5割となっています。

1
2
3
4
5
6
7
❯ http -f POST http://localhost:8001/routes/canary-api-route/plugins \
name=canary \
config.percentage=50 \
config.upstream_host=httpbin.org \
config.upstream_port=80 \
config.upstream_uri=/json \
config.hash=none

以下のコマンドで確認すると、大体ですけど半分ずつとなっているはずです。

1
2
3
4
5
for num in {1..10}; do
 echo "Calling API #$num"
 http http://localhost:8000/api/canary
 sleep 0.5
done

もしパーセンテージのテストを段階的に行いたい場合、以下のコマンドで割合を変更することもできます。

1
2
3
4
5
6
7
8
$ plugin_id=$(http -f http://localhost:8001/routes/canary-api-route/plugins | jq -r '.data[].id')
$ http -f PUT http://localhost:8001/routes/canary-api-route/plugins/$plugin_id \
name=canary \
config.percentage=90 \
config.upstream_host=httpbin.org \
config.upstream_port=80 \
config.upstream_uri=/json \
config.hash=none

これで動作確認が終わったので、次のリリース方式をテストするために、カナリアリリースプラグインを削除する

1
plugin_id=$(http -f http://localhost:8001/routes/canary-api-route/plugins | jq -r '.data[].id') &&  http DELETE http://localhost:8001/plugins/$plugin_id

Whitelist and Blacklist

こちらのモードでは、リクエストに含まれたAPI KeyでユーザConsumerを特定し、Consumerが所属するグループに基づいてどのバージョンにアクセスしにいくのかを設定できます。 Consumerの特定とグループの登録は、key-authaclのプラグインを利用します。

まずはkey-authのプラグインを登録し、これでAPI keyなしだとアクセスができなくなります。

1
❯ http http://localhost:8001/routes/canary-api-route/plugins name=key-auth

次に、今回は2種類のConsumerを準備し、それぞれ別のグループに登録します。

1
2
3
❯ http :8001/consumers username=vip-consumer && http :8001/consumers/vip-consumer/key-auth key=vip-api && http :8001/consumers/vip-consumer/acls group=vip-acl

❯ http :8001/consumers username=general-consumer && http :8001/consumers/general-consumer/key-auth key=general-api && http :8001/consumers/general-consumer/acls group=general-acl

上の設定が終わったら、グループ情報を用いてカナリアリリースプラグインを作成します。 ここで注意してほしいのは、config.hashです。whitelistblacklistを設定する必要がありまして、whitelistに設定したグループは新バージョンにアクセスしにいきます。

1
2
3
4
5
6
7
❯ http -f POST http://localhost:8001/routes/canary-api-route/plugins \
name=canary \
config.hash=whitelist \
config.groups=vip-acl \
config.upstream_host=httpbin.org \
config.upstream_port=80 \
config.upstream_uri=/json

vip-apiを持ってアクセスするクライアント、つまりConsumerのグループはvip-aclであり、whitelistに登録されているので新バージョンにアクセスしにいきます。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
❯ http http://localhost:8000/api/canary apiKey:vip-api
HTTP/1.1 200 OK
Access-Control-Allow-Credentials: true
Access-Control-Allow-Origin: *
Connection: keep-alive
Content-Length: 429
Content-Type: application/json
Date: Wed, 25 May 2022 07:33:45 GMT
Server: gunicorn/19.9.0
Via: kong/2.8.1.0-enterprise-edition
X-Kong-Proxy-Latency: 118
X-Kong-Upstream-Latency: 290

{
    "slideshow": {
        "author": "Yours Truly",
        "date": "date of publication",
        "slides": [
            {
                "title": "Wake up to WonderWidgets!",
                "type": "all"
            },
            {
                "items": [
                    "Why <em>WonderWidgets</em> are great",
                    "Who <em>buys</em> WonderWidgets"
                ],
                "title": "Overview",
                "type": "all"
            }
        ],
        "title": "Sample Slide Show"
    }
}

一方、general-apiを持ってアクセスするクライアント、つまりConsumerのグループはgeneral-aclのため、現バージョンにアクセスしにいきます。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
❯ http http://localhost:8000/api/canary apiKey:general-api
HTTP/1.1 200 OK
Access-Control-Allow-Credentials: true
Access-Control-Allow-Origin: *
Connection: keep-alive
Content-Length: 522
Content-Type: application/xml
Date: Wed, 25 May 2022 07:33:55 GMT
Server: gunicorn/19.9.0
Via: kong/2.8.1.0-enterprise-edition
X-Kong-Proxy-Latency: 5
X-Kong-Upstream-Latency: 289

<?xml version='1.0' encoding='us-ascii'?>

<!--  A SAMPLE set of slides  -->

<slideshow
    title="Sample Slide Show"
    date="Date of publication"
    author="Yours Truly"
    >

    <!-- TITLE SLIDE -->
    <slide type="all">
      <title>Wake up to WonderWidgets!</title>
    </slide>

    <!-- OVERVIEW -->
    <slide type="all">
        <title>Overview</title>
        <item>Why <em>WonderWidgets</em> are great</item>
        <item/>
        <item>Who <em>buys</em> WonderWidgets</item>
    </slide>

</slideshow>

アップグレードを完了させる

カナリアリリースのテストが終わったら、特に問題がない場合、全てのトラフィックをプラグインなしで新バージョンにrouteしていきたい。

そこで実行すべきのは、serviceのUpstream Endpointを更新し、カナリアリリースプラグインを削除することです。

1
2
3
4
5
6
# update service
❯ http -f PUT :8001/services/canary-api-service url=http://httpbin.org/json
# delete all plugins
❯ http http://localhost:8001/routes/canary-api-route/plugins | jq -r -c '.data[].id' | while read id; do
    http --ignore-stdin DELETE http://localhost:8001/plugins/$id
done

これでカナリアリリースで新バージョンのサービスのアップグレードが完了した!

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
❯ http http://localhost:8000/api/canary
HTTP/1.1 200 OK
Access-Control-Allow-Credentials: true
Access-Control-Allow-Origin: *
Connection: keep-alive
Content-Length: 429
Content-Type: application/json
Date: Wed, 25 May 2022 07:35:55 GMT
Server: gunicorn/19.9.0
Via: kong/2.8.1.0-enterprise-edition
X-Kong-Proxy-Latency: 4
X-Kong-Upstream-Latency: 288

{
    "slideshow": {
        "author": "Yours Truly",
        "date": "date of publication",
        "slides": [
            {
                "title": "Wake up to WonderWidgets!",
                "type": "all"
            },
            {
                "items": [
                    "Why <em>WonderWidgets</em> are great",
                    "Who <em>buys</em> WonderWidgets"
                ],
                "title": "Overview",
                "type": "all"
            }
        ],
        "title": "Sample Slide Show"
    }
}